マーケティング

エリアマーケティングシステムとしての
GIS(地理情報システム)を積極活用。

GIS(地理情報システム)Geographic Information System

株式会社 読宣姫路ではGIS(地理情報システム)を導入し、線路や道路等の分析要因や競合店の位置・クライアント様からお預かりする顧客データ・各種属性データを用いて「地域特性の掌握」と「素早いターゲットの選定」を可能にしております。
また新規出店分析や既存店舗・ドミナント(多店舗展開)における影響度分析、顧客分布状況分析、競合店分析等々、クライアント様の多様なニーズにもお応え致します。

活用事例EXAMPLE

あなたの周辺はどんな地域?

新規出店地、既存店の地域特性は把握してますか?
GISを活用すれば、お店周りの地域特性をすばやく把握することが出来ます。

年齢別人口比率
年齢別人口比率
年齢別人口比率×年収世帯比率
年齢別人口比率×年収世帯比率
商圏特性データ
商圏特性データ

ターゲットはどこに?

出店候補地はどうやって決定していますか?
交通の便や見た目だけではなく、GISを活用してターゲットとなる地域をまず選定するのも大事です。

年齢、借家、年収500万円~700万円世帯が多い地域を検索
年齢、借家、年収500万円~700万円世帯が多い地域を検索
検索結果から候補地を選定
検索結果から候補地を選定

自社データは活用していますか?

カード会員や来店客調査データなど、収集した顧客データを活用しましょう。
GISを使えば、顧客が何処から来店したのかを把握出来ます。

自社データを取込み顧客の分布を把握
自社データを取込み顧客の分布を把握
顧客とターゲット層から取り込めてる地域とどうでない地域の把握
顧客とターゲット層から取り込めてる地域とそうでない地域の把握

Web版のGISもあります。

ブラウザ上で動くGISもあります。ソフトをインストールする必要もなく、最新の販売店マップが見れて配布設定も可能です。
お客様と同じ画面を共有できて、配布地域の確認も容易です。